ディープラーニングの機械翻訳ではまだ事足りない、翻訳者が必要とされる場面

ディープラーニングの機械翻訳ではまだ事足りない、翻訳者が必要とされる場面
この記事の目次

ディープラーニング翻訳

ディープラーニングとはコンピューターに人間の行動を学習させる機械学習の手法です。
ディープラーニング技術の発展は、近年目覚ましいものがあります。

金融、医療、IoTなどさまざまな分野で活用されていますが、翻訳業界も例外ではなく、ディープラーニング翻訳が使われる場面が多くなりました。
しかし2022年現在ではまだまだディープラーニング翻訳では事足りず、翻訳者が必要とされる場面があります。

今回はディープラーニング翻訳がビジネスの場でどのような影響を及ぼしているか、また、翻訳者が今も必要とされる場面はどんなときかをお伝えします。

ディープラーニング技術の発展が翻訳業界に与えるインパクト

ディープラーニング技術

率直に、ディープラーニング技術の発展が翻訳業界に与えるインパクトは甚大かなり大きいです。
以下、2つの要素に分けて見ていきましょう。

翻訳クオリティの急速な変化

Google翻訳
Google翻訳の画面

ひと昔前まで、機械翻訳といえば「低品質の翻訳」と同義語でした。

旅行で使うならともかく、ビジネスシーンではほとんど使い物にならないというレッテルを貼られていました。 しかし、2016年にGoogle社が日⇔英翻訳システムにディープラーニングを取り入れたのを皮切りに、機械翻訳のクオリティは急速に進化していきます。

2022年現在の機械翻訳は、おおまかな意思疎通を目的とするのであれば十分な能力を有しています。

翻訳の時間およびコストの大幅削減

今まで人間が莫大な時間とコストをかけて手動で翻訳してきたものが、機械翻訳に打ち込めばわずか数秒で作業が終わってしまうのです。
しかも完全に無料です。

弊所でも、数年前までは数百ページにおよぶ翻訳文書を請け負っていましたが、2022年現在、その類の依頼はほとんどありません。

例えば、弊社で200ページのマニュアルを翻訳者1名で対応すると、納期は2~3か月後、料金は200万円~300万円です。
(納期・料金は、文字数またはワード数で決まるのであくまで目安の金額)

スピードとコスト削減がますます加速する現代ビジネスにおいて、マニュアル翻訳ひとつにそれだけの時間とコストをかけるほど余裕のある企業は少ないでしょう。

社内用途であればある程度意味が通じれば十分でしょうし、社外・カスタマー用途であれば機械翻訳に入れた文書をところどころ人間が手直しするだけで立派な翻訳文ができあがります。

機械翻訳と翻訳者による翻訳の棲み分け

いまや機械翻訳は、現代ビジネスにおいて必須のツールに成長しています。

翻訳業界では、この流れに対して悲観的な声も少なからず上がっているようです。

今までプロフェッショナルとして仕事をしてきた人たちにはプライドもあるでしょうし、職を脅かされ
るというリスクがあるわけですから、当然のことかもしれません。

しかし私の個人的な見解としては、「非常に良い傾向」と受け止めています。

技術革新によって人間の負担が減るのであれば、その労力を他の作業に向けられる余裕が産まれるのでビジネス全体の生産性は上がります。

機械翻訳がどれだけ進化しても、人間が手を入れなければならないところはどうしても残ります。

機械に任せられるものは機械に任せればよく、人間に任せられるものは人間に任せればよい、と考えています。

機械翻訳ではなく翻訳者が必要とされる場面

では、「機械翻訳が進化しても人間が手を入れなければならないところ」とは、具体的にどのようなケースでしょうか。
以下、代表的な例を3点取り上げたいと思います。

①公的文書の翻訳

戸籍謄本、住民票の申請用紙

公的文書とは、国や地方公共団体が発行する文書のことです。
具体的には、戸籍謄本や住民票、婚姻証明書などです。

ビザの取得などの目的で、公的機関(大使館や入国管理局)に公的文書を提出する際は、提出先に要望された言語(現地の言語または一般的に英語)に翻訳する必要があります。

その場合、機械翻訳は認められず、プロの翻訳者が翻訳した文書でないと受け付けてもらえません。

②英語以外の言語翻訳

オフィスでのミーティング

データを蓄積して学習するというディープラーニングの性質上、やり取りが少ない言語においてはデータが蓄積されずクオリティが上がるのに年月を要します。

「英語⇔ドイツ語」や、「英語⇔スペイン語」などのAI翻訳はかなりクオリティが高いです。
やり取りされるデータ量が多く、また、同じラテン語由来の言語であるため文法や表現が似通っているためです。

試しに、「フランス語→日本語」や「アラビア語→日本語」をグーグル翻訳に入力してみてください。
英日翻訳のクオリティとの差が歴然です。

これから年数を経てデータが蓄積されていけばクオリティも徐々に上がっていくのでしょうが、ビジネスで使えるレベルに至るにはもう少し時間がかかりそうです。

③一般のビジネスシーン

会議中の様子

一般のビジネスシーンにおいても、翻訳者の活躍の場はまだまだ残されています。

機械翻訳は、「おおまかな意思疎通だけを目的とする」には十分ですが、それ以上を目的とする場合は十分でないからです。

機械翻訳の弊害は以下のような事例があります。

  • ビジネスメールにおいて、伝えたいメッセージが適切な表現になっておらず、ニュアンスがうまく伝わらない・誤解を招く
  • 契約書の内容が、複数の解釈ができるような表現に翻訳されてしまい、後から金銭面や条件面のトラブルが発生する
  • 重役宛のメールに失礼な表現がないかどうか自分では判断できない

例を挙げればキリがありませんが、ビジネスシーンにおいては、機械翻訳のクオリティでは十分でないケースの方が多いと感じます。

これからの時代も、翻訳者は必要な存在

弊所もクライアント様たちに対して、可能な限り機械翻訳を使うよう推奨おすすめしています。

本当に必要なところのみをお手伝いさせていただくことによって、不要な時間・コストを削減できるためです。

これからの時代も、翻訳者は必要な存在です。
求めるクオリティと時間・コストのバランスを考慮して、機械翻訳では事足りない場面で必要とされるでしょううまく使うところのみ使う。
その傾向は今後ますます加速していくと思われます。

吉田通訳人材事務所は、「公的文書の翻訳」、「英語以外の言語の通訳・翻訳(主にヨーロッパの言語)」、および「ビジネスシーンの通訳・翻訳」に対応しています。
ご入用の際はぜひご相談ください。

シェアしていただけますと幸いです
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

吉田通訳人材事務所代表。横浜市と米国ダラスで幼少期を過ごし、主に東京都、北海道、豪州シドニーに在住。大学卒業後、30か国以上を周遊しながら、50以上のアルバイトとスモールビジネス起業を行い、28歳から通訳者として活動。2014年「吉田翻訳事務所」創業、2021年に「吉田通訳人材事務所」に商号を変更。近年は、社会的に不利な立場にあるフリーランス通訳者の雇用増加、待遇向上、市場価値を高める教育に力を入れている。

この記事の目次