通訳の実績事例

国際的イベント

国際的スポーツイベント(日⇔英)

時期2020年8月~2021年10月
場所東京都
内容4年に1度開催される国際的スポーツイベントに参画。公式スポンサーである英国発電機レンタル企業にサービスを提供しました。
規模の大きい案件のため、同社とフルタイム契約を結び、通訳統括という立場で通訳者の人事管理を担当させていただきました。
必要とされた通訳者は70名強。通訳者を探すところから始まり、選考、採用、契約、トレーニング、アフターケアを1名体制で一気通貫で行いました。現場に出て通訳サポートをする場面もありました。
2020年に開催予定であった本イベントは、コロナの影響により1年延期。コロナ渦の中でイレギュラーな対応を求められる中、通訳者が一丸となってイベントをサポートしました。後にも先にも、これだけの規模のプロジェクトに携われることはないと思われます。

国際的ラグビー大会(日⇔英)

期間2019年4月~2020年2月
場所東京都
内容4年に1度開催される国際的ラグビー大会に参画。公式スポンサーである英国発電機レンタル企業に通訳サービスを提供しました。
プロジェクトマネージャーの専属通訳を務め、主に大会組織員会とのやり取りをサポートしました。
また、弊所から通訳者7名を紹介し、各大会会場の通訳を担当しました。

技術分野

タービンのトレーニング(日⇔英)

時期2022年10月~2023年6月
場所リモート、千葉県、兵庫県
内容発電所内蒸気タービンにおける座学トレーニングの通訳を行いました。
日本人技術者に対して、外国人講師が主にPower Pointを用いてトレーニングを行いました。
リモート2回、現場3回、計5回(期間はいづれも1~2週間)のトレーニングをサポートしました。
技術的に深い内容が多く、タービンの概要を理解していないと正確な通訳ができない難易度の高いプロジェクトでした。

タービンのメンテナンス(日⇔英)

時期2018年11月~2020年5月
場所福岡県
内容発電所内蒸気タービンのメンテナンスの現場通訳を行いました。
小規模メンテナンス(2~3週間)を3回、大規模メンテナンス(5ヶ月)を1回、計4回のプロジェクトをサポートしました。

国際見本市(日⇔英)

期間2018年12月
場所アメリカ・フロリダ
内容フロリダで開催された、電力分野に特化した国際見本市の通訳を行いました。
日本人担当者2名に同行し、各ブースで行われる商品説明や交渉のサポートをしました。
移動を含め4泊5日、時差ボケに苦しみました。

冷却塔の設置・試運転(日⇔英)

期間2018年10月
場所大阪府
内容製油所内仮設冷却塔の設置・試運転時の現場通訳を行いました。

ポンプのトレーニング(日⇔英)

期間2018年9月
場所神奈川県
内容国内ポンプメーカー主催の、来日外国人技術者向けのトレーニングの通訳を行いました。

スラブカッターの試運転(日⇔英)

期間2018年7月~2018年9月
場所愛知県
内容製鉄所内で使用されるスラブカッター試運転時の現場通訳を行いました。
その時の愛知県は猛暑で40℃越えの日々が続き、さらに製鉄所は鉄を熱する工程があり現場は尋常でない暑さでした。現場の皆さんがヘルメットから汗を滴らながら無心に作業している姿が印象的でした。

仮設発電設備の設置・運用・解体(日⇔英)

期間2012年5月~2018年5月
場所北海道
内容仮設発電設備の設置工事・試運転から始まり、運用保守を経て解体まで一気通貫で現場通訳を務めました。
設置工事・試運転は納期が厳しい中、張り詰めた空気で現場作業が行われました。規模が大きいプロジェクトにも関わらず通訳者1名体制であったため、打合せ、現場での通訳、資料翻訳、緊急会議、トラブル時対応など、来日外国人の生活面サポートも含めてマルチにサポートしました。運用中は早朝・深夜の作業が多く、-24℃の屋外で通訳する場面もあり、身体的なタフさも要求される現場でした。
6年という長い年月をこの現場で過ごし、個人的に最も思い入れのある現場です。

仮設発電設備の運用・解体(日⇔英)

期間2011年11月~2012年5月
場所茨城県
内容仮設発電設備の運用保守・解体の現場通訳を行いました。
国内電力会社と来日外国人技術者間のコミュニケーションをサポートしました。
東日本大震災の影響によって不足した国内の電力を補う、という緊急性を帯びたプロジェクトであったため、24時間体制でサポートを行いました。

太陽光発電加工装置の設置(日⇔英)

期間2011年6月~9月
場所イタリア・カターニア市
内容太陽光発電装置の加工をする工場で現場通訳を行いました。
日本人技術者40名強とイタリアに渡航し、現地技術者とのコミュニケーションをサポートしました。フランス人やスロバキア人など非イタリア語圏のマネージャーが定例会議に出席するため、イタリアの現場にも関わらず英語通訳が必要とされるという珍しい状況でした。
カターニア市は英語がまったく通じず悪戦苦闘しました。日本人スタッフの生活面サポート(ホテル対応やタクシー手配など)では英語が通じないため、私が片言のイタリア語で身振り手振りで伝えることに…。
現地イタリア人スタッフ達には、家に招いていただいたり、私の誕生日パーティーを盛大にやっていただいたりと、ラテン国民らしいフレンドリーさに包まれ公私ともに充実した現場でした。

ビジネス関連

化粧品販売に係るビジネス会議(日⇔英)

時期2023年8月
場所東京都
内容シンガポールの化粧品ディストリビューターと国内化粧品メーカー間の会議において、通訳サービスを提供しました。

ビジネス誌のインタビュー(日⇔英)

時期2022年8月~9月
場所リモート
内容外国人ジャーナリストが、国内大手企業の経営者達にインタビューする際の通訳を行いました。
本インタビューの内容は、アメリカ発行の大手ビジネス誌の記事として掲載される内容でした。

スピーチ・工場見学(日⇔英)

期間2018年4月
場所北海道
内容某国内自動車メーカー主催のスポーツ国際交流イベントの際に、取締役社長様のスピーチの通訳をしました。

ビジネスコンサルタント招聘に係るビジネス会議(日⇔英)

期間2015年3月
場所リモート
内容アメリカTOP5著名ビジネスコンサルタントの日本招聘にあたり、国内ビジネスコンテンツ制作企業との間に入り通訳サービスを提供しました。